<< かんたんハロウィンアイテム製作記録。 はじめての豆本、3限目「表題と奥付」 >>

はじめての豆本、4限目「製本」

まずはお知らせ。

イベントに参加します。

第1回ヒトタライ古本市

開催日時:
2012年11月4日(日) 10:00~15:30  荒天のみ中止

会場:
郡山八幡神社 境内(社務所縁側) 住所:〒639-1134 奈良県大和郡山市柳4-25
近鉄郡山駅から徒歩約8分。JR郡山駅から徒歩15分。

お待ちしております。


  ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

みなさんこんばんは、今月なんと8度目のブログ更新を今まさにしようとしているサジです。
今年入ってからほぼ月2回がいいとこだったからなぁ…快挙。

さて。
本文に使うはんこが彫り終わったので、最終段階の製本です。
独学の付け焼き刃なので本格的にやってらっしゃる方にはいろいろツッコミどころもあるかもしれませんが、
なま温かい目で見ていただければ幸いです(^^;)

c0246989_12351282.jpg


表紙に使う和紙を吟味。
手でこちょこちょ何かを作るのが好きなサジ+母上+妹は何かと素敵な紙をため込んでるので、
材料を改めて買う必要は全くありませんでしたww


柄が決まったら、まずはコピー用紙を1ページ分の大きさに切ります。
で、表紙用の和紙をのりしろ分四方1cmづつ多く取って切る。
四隅の角を落として、コピー用紙をくるむように糊付け。

c0246989_12363648.jpg


紙を貼り合わせるのはでんぷんのりを使っています。
何十年ぶりで使った気がする…(笑)
液体のりのようによれよれになったり、スティックのりのように乾くと剥がれたり…
という心配がありません。

これを表表紙と裏表紙用に2つ作ります。

本文ページは前にも書いたとおり、半紙で作成です。
袋とじにするので、1ページ分を二つ並べた大きさに切り、しっかり二つ折りにします。
これで裏写りもかなり軽減。

2限目で作ったページ内容一覧を片手に、順番通り黙々と捺してゆきます。
紙の輪にならない方は最後に糸で綴じるので1cmほど空けておきます。
重ね捺し苦手やから変な力が入る~(^^;)
 
c0246989_12374537.jpg


全ページ無事完了!

インクが乾いたら、数枚ずつをきれいに揃えてずれないようにクリップで留め、
綴じ側になるページの端に目打ち(裁縫用具名)で目打ち(製本用語)します。
今回は和綴じでもっともスタンダード(多分)な四つ目綴じにするので、穴は4つ。

c0246989_1239097.jpg


全部目打ちが終わったら、両表紙を除く全ページを揃えてまたクリップで留めます。
綴じ側の両端に、小さく切った薄めの和紙を角をくるむように丁寧に貼り貼り…
綴じ側のこの角の部分には糸が掛からないので、こうして広がったりすることを防ぐん…じゃないかな…(←調べた訳じゃないので自信無)

ここまでくればあともう少し。
表題を半紙に捺して表紙に切り貼り。

で、表紙も全部重ねて、四つ目綴じの手順通り綴じていきます。
(表紙に合う糸の色に悩むこと30分とかも入れつつw)

c0246989_12331164.jpg


とゆうわけで初の和綴じ豆本かんせーい!
サイズは5×5cm。 

 
c0246989_1231330.jpg


中身ちらり。

 
c0246989_1230914.jpg


全ページは古本市が終わったら公開する…かも。
いやあ楽しかった!
何冊作っていけるかなー。

しかしこれ、値段の付け方が全く分からん…実際豆本とか自作本売ってるの目にしたことないし。

標準の価格帯ってどれくらいなんだろう…(--;) 

四回にわたっての豆本づくり、ずいぶん長くなってしまいました。
お付き合いくださったみなさま、ありがとうございました。


ランキング参加しております♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ

にほんブログ村

ありがとうございますです(о´ω`о)
by c-pizzicato | 2012-10-26 12:24 | 豆本
<< かんたんハロウィンアイテム製作記録。 はじめての豆本、3限目「表題と奥付」 >>